リノベーションで家賃は上がるのか

  • リノベーションを最大まで活用できる住宅

    • リノベーションは価値の減少した住宅に対して施工を行うことで、そこにある価値を新築時点よりもさらに高めるという目的で行われるものです。

      いろいろな世田谷の不動産投資に関する情報をすばやく探せます。

      この施工はどのような住宅に行うのであっても価値を高めるという事実は変わりませんから、どのような住宅にでも意味があることです。

      藤沢の不動産買取の最新情報が揃っています。

      ですがどれほどの活用ができるかということについては、それぞれの住宅の条件によってかなりの差が出てきます。

      板橋区の新築一戸建情報の豊富さで有名なサイトです。

      ではリノベーションを歳代まで活用できる住宅はどういったものなのかと言うと、これは端的にいえば価値の少ない住宅です。



      例えば築80年が経過していて耐震性もなく常に隙間風が吹き抜けると言うような住宅の場合、そこに住みたがる人はほとんどいないでしょう。

      さいたまの不動産買取に有効な情報の紹介です。

      しかしこうした物件であってもリノベーションを行えば、耐震性を高めて安全を確保したうえで、今の流行や家主のニーズを反映した新築同様の住宅を作ることができます。

      http://girlschannel.net/topics/401871/

      しかも新築として建てるわけではなく、利用できる部分に関しては利用をしていくためにかかる費用も新築よりは遥かに安い金額です。このような形で施工が完了したのであれば、それまでほとんど価値のなかった住宅を誰もが住んでみたいと考えるような憧れの住宅に変身させることができるのです。

      http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201604/

      しかし築年数がさほど経過しておらず、仕様において特に不満も発生していないというような住居に対してこうした施工をしたとしても、そもそも価値があまり減っていないわけですから、実際に施工をしてもそこまで恩恵を感じることはできないでしょう。これはリノベーションの意味がないというよりは、元々の価値が高いために価値の上昇が実感しづらいということになります。

      http://news.biglobe.ne.jp/list/014/164/%E4%B8%89%E4%BA%95%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3.html

      このようにリノベーションは価値が減少してしまっている住宅でこそ最大まで活用でき、その恩恵を実感することができるのです。


  • 関連リンク

    • リノベーションとは、英語で「革新・斬新・修復」を意味し、日本では「既存のマンション等や一戸建ての一部または全部の間取りや設備を変更し、住宅としての機能を向上させる工事」という意味で使用されます。これに対して、リフォームも同じような意味合いで使用されることがありますが、リフォームは壊れたり汚れたもの等を交換したりクリーニングしたりするなど、即ち「原状回復=マイナスをゼロの状態にする」もので、区別して使用されます。...

    • 一般には新築物件を購入したいと考える人が多いですが、販売価格は別としても住むエリアに不満が多いことも事実です。中心部には新築するスペースが確保できませんし、地価の安い郊外へとマンション建築はシフトしていますので、新築は魅力でも住むエリアに対して不満を持ってしまうのが現在の特徴となります。...